ニキビが出来る原因

ニキビが出来るきっかけは毛穴に皮脂が溜まる事です。その為誤解している方も多いのですが、肌が油っぽいと誰もがニキビになるのではありません。皮脂が他の人よりも多かったとしても毛穴に皮脂がたまらないように注意してさえいればニキビにはならないのです。逆に皮脂の少ない乾燥肌の方の場合でも肌ケアを行っているとニキビになってしまう可能性があるので十分に注意する必要があります。

毛穴が詰まる理由は皮脂の過剰分泌なのですが、思春期には男性ホルモンが急激に増え始めていきますので、皮脂が余分に分泌されます。その為思春期の特に男性の方はニキビが多くなりやすい傾向にあります。また、思春期のホルモンバランスの崩れは、20歳を超える辺りで安定し始めますのでニキビの量は落ち着いてきます。

大人になってからのニキビは、睡眠不足による交感神経の乱れが原因のホルモンバランスの乱れであったり、ストレスが原因で分泌されます。また、最近ではコンビニでカップラーメンなどの食生活が多いという方のようなバランスの悪い食事などは、動物性脂肪や糖質を取りすぎてしまいますので、皮脂分泌を増やす原因にも繋がります。もちろん洗顔の方法が間違っているような場合でもニキビができる原因に繋がってしまいます。