美容皮膚科での治療

美容皮膚科にニキビの診察に行くとその人の状態にあった治療法を選択してくれます。ニキビの治療で最も多いのが塗り薬などの外用薬によって治療する方法です。炎症が発生している赤ニキビなどは、炎症の原因になっているアクネ菌を殺菌する作用のある抗生物質を含んだニューキノロン系抗生物質のアクアチムクリームであったり、リンコマイシン系抗生物質のダラシンローションなどが処方されます。またニキビの原因になる毛穴が皮脂によって詰まってしまうという症状を緩和させるために、ディフェリンゲルを処方される場合があります。

ニキビの炎症が重度の場合には内服薬を処方される場合があります。ニキビ自体に触れてしまうと悪化するような重度の場合には、マクロライド系抗生物質のルリッドやマクロライド系抗生物質のクラリス、テトラサイクリン系抗生物質のミノマイシンなどが医師の判断で処方されます。

また美容皮膚科では、毛穴のつまりを改善させる面皰圧出や、クレーター状のニキビ跡の治療に最適な抗生物質やステロイド剤を注射する治療が行われる場合があります。もちろんこれらの治療方法と合わせて、生活環境の改善であったり、食事療法なども同時に行う事で効果を上げる事ができます。

美容皮膚科の利点

多くの方が勘違いしているので最初にお伝えしておきますがニキビの治療は白ニキビや黒ニキビのような比較的症状の軽いニキビであっても、なるべく早く美容皮膚科で治療を開始する必要があるという事です。頑固なニキビなどはもちろんですが、軽度のニキビであってもなるべく早く治療する事によって、その後の肌のダメージを軽減する事ができます。

またニキビが出来やすいという方のためには、どうしてニキビができるのかの根本的な原因を探る為に、カウンセリングが行われたりします。たとえ軽度のニキビであっても。事あるごとに出来てしまうのではストレスがかかってしまいます。ニキビが出来る原因は人によってことなりますので、しっかりとカウンセリングを行う事によって、スキンケアの正しい方法や生活習慣の改善、乱れやすいホルモンを安定させる方法などを紹介してもらう事でニキビの悩みからおさらばする事ができるのです。

もし美容皮膚科で治療をしなかった場合、悪化させてしまったり、ニキビを悪化させてしまう可能性が出て来てしまいます。ニキビくらいで病院に行くなんて大げさと思っている方も多いと思いますが、トータル的に考えればかなりメリットが高いのは間違いありません。

ニキビが出来る原因

ニキビが出来るきっかけは毛穴に皮脂が溜まる事です。その為誤解している方も多いのですが、肌が油っぽいと誰もがニキビになるのではありません。皮脂が他の人よりも多かったとしても毛穴に皮脂がたまらないように注意してさえいればニキビにはならないのです。逆に皮脂の少ない乾燥肌の方の場合でも肌ケアを行っているとニキビになってしまう可能性があるので十分に注意する必要があります。

毛穴が詰まる理由は皮脂の過剰分泌なのですが、思春期には男性ホルモンが急激に増え始めていきますので、皮脂が余分に分泌されます。その為思春期の特に男性の方はニキビが多くなりやすい傾向にあります。また、思春期のホルモンバランスの崩れは、20歳を超える辺りで安定し始めますのでニキビの量は落ち着いてきます。

大人になってからのニキビは、睡眠不足による交感神経の乱れが原因のホルモンバランスの乱れであったり、ストレスが原因で分泌されます。また、最近ではコンビニでカップラーメンなどの食生活が多いという方のようなバランスの悪い食事などは、動物性脂肪や糖質を取りすぎてしまいますので、皮脂分泌を増やす原因にも繋がります。もちろん洗顔の方法が間違っているような場合でもニキビができる原因に繋がってしまいます。